ポテンツァとは?今大人気の施術

ポテンツァにはどんな効果が期待できる?

みなさんは、ポテンツァという美容医療の施術をご存知でしょうか?
ポテンツァは、ほかのメジャーな美容医療の治療器や施術と比べると、名前を聞く機会が少ないかもしれません。
また、名前は聞いたことがあるけれど、どんな肌悩みに効果があるのか、またマイクロニードルを用いた人気施術であるダーマペンとの違いがわからない方も多いのではないでしょうか。
ポテンツァとは、マイクロニードルRF(ラジオ波)治療器の一種で、無数の細い針で肌に穴を開けて薬剤を皮膚の深部に浸透させることで、毛穴やニキビ痕、小ジワ、肝斑などの改善に効果が期待できる治療法です。

この記事では、ナールス美容医療アカデミーの「ポテンツァとは?効果やダウンタイム、費用、ダーマペンとの違い」を参考にしながら、ポテンツァの効果やメリット、ダウンタイムや副作用などのデメリット、費用相場などをご紹介します。

ポテンツァの基礎知識

ポテンツァとはどのような施術なのかというと、
「Jeisys社で開発されたマイクロニードルRF治療器を使った施術。無数の細い針でお肌に穴を開けた後、薬剤を塗布して皮膚の深部まで浸透させることでお肌の状態を改善していく」
というものです。
針で肌に穴をあけると聞くと怖く感じるかもしれません。針は、マイクロニードルRF(外径0.25mm:32G)のとても極細な針です。
肌に穴を開けることで、創傷治癒のはたらきが強まり、その結果、コラーゲンの生成が促されます。
また、ポテンツァは針が抜けると同時に、空気の力を利用して薬剤を注入する「ドラッグデリバリーシステム」を採用。
施術後、速やかに多量の薬剤を肌の奥深くまで均等に届けることが可能です。
注入する薬剤は肌悩みに応じて選択できるので、施術をうける方に応じた治療ができます。
① マックーム
ニキビ痕の凹み、瘢痕、すり鉢毛穴、凸凹毛穴におすすめ。
② コラーゲンブースターPCL
肌のハリと弾力性を高め、特に目元や口元のシワの改善におすすめ。
③ BENEV(ベネブ)
エイジングケア全般におすすめ。
肌の透明感が増し、滑らかで柔らかく、ハリ・弾力のあるお肌に整えます。
④ ボトックス
開き毛穴、ニキビ予防、小じわにおすすめ。
⑤ スネコス
小じわの改善や肌のキメ、つやアップにおすすめ

さらに、ポテンツァには先端に取り付けるさまざまなチップがあるため、ひとり一人の肌の症状、肌質によって最適なチップの選択が可能です。

ポテンツァがおすすめなのはどんな人?

ポテンツァは、どんな悩みを持っている人に向いているのでしょうか。主に、次の5つのお悩みに対して効果的だといわれています。
1. ニキビが気になる方
ニキビやニキビ跡が気になる人にとって、ポテンツァはとても効果を発揮します。
2. しわが気になる方
しわなどのお肌の凹凸に対しても、お肌にコラーゲン生成を促すポテンツァは効果的です。
3. 毛穴の開きが気になる方
お肌を引き締め、ハリをよみがえらせることで、開いた毛穴の引き締めが期待できます。
4. 肝斑が気になる方
レーザー治療では、メラノサイトが刺激されてしまいしみや肝斑が濃くなってしまう危険がともないます。しかし、ポテンツァは肝斑の原因となるメラニンの産生を抑制し、かつメラノサイトを破壊しないため、肝斑が濃くなるという心配はありません。
5. 赤ら顔が気になる方
赤ら顔の原因は毛細血管が透けて見えることです。ポテンツァは、肌の最深部にある真皮の毛細血管に対して高周波RFで熱を与えます。その結果、不要な新生血管がつくられるのを抑えて毛細血管拡張症の改善が期待できます。

ポテンツァの効果とメリット

では、ポテンツァを受けることでどのような効果やメリットがあるのでしょうか。

効果としては、大きく分けて5つ(毛穴の開きの改善、ニキビやニキビ跡の改善、赤ら顔の改善、しわやたるみの改善、肝斑の改善)が期待できます。
1)いちご鼻・毛穴の開きを改善できる
いちご鼻や毛穴の開き・詰まりを改善できる効果があります。

直接肌に穴を開けて薬剤を塗布・刺激を肌の最深部へ届けることでコラーゲンの生成が促進され、結果としてお肌のハリがアップする効果があります。お肌のハリが戻ることで、毛穴がキュッと引き締まって見えます。
2)ニキビ・ニキビ痕・傷跡を改善できる
ニキビやニキビ痕、傷跡のクレーターといった肌の凹凸の改善にも効果があります。
肌に開けた微細な穴から直接薬剤を浸透させることで、凹凸が改善しやすく、コラーゲンの生成でより相乗効果が見込めます。
3)赤ら顔を改善できる
赤ら顔の改善にも効果的です。

赤ら顔についてはいくつかの要因がありますが、一番多いとされるのは、皮膚の表面が赤く浮き上がって見える「毛細血管拡張症」だといわれています。
ポテンツァでは、肌の最深部にある真皮層にある毛細血管に高周波RFで熱を与えます。そうすることで、新生血管がつくられるのを抑制し、毛細血管拡張症を改善する効果が期待できます。
4)しわ・たるみを改善できる
お肌のしわ・小じわやたるみの引き締めにも効果を発揮します。
これは、針でお肌に開けた穴から直接薬剤を注入することで、真皮を刺激してお肌の活性化が期待できるからです。
5)肝斑の改善
肝斑は、女性ホルモンや紫外線の影響により、皮膚に存在する「メラノサイト」が活性化されることで生じる比較的小さいシミです。
ポテンツァはメラノサイトに直接アプローチすることで、メラニン産生を抑えることが可能です。
メリットとしては、「ダウンタイムが短いこと」、「少ない施術回数で効果をしっかりと感じられること」の2つが挙げられます。

ポテンツァのデメリットや注意点

ポテンツァにはデメリットや副作用といったリスクはあるのでしょうか。

1)費用が高め
ポテンツァの費用は、顔全体の施術で50,000円以上といわれており、費用がダーマペンと比較して高くなります。
しかし、費用は高いものの、ポテンツァは充分な効果が期待できます。どちらを受けるべきか迷った場合は、クリニックで医師に相談してみましょう。
2)痛みがある
ポテンツァのデメリット2つ目は、ダーマペンほどではないにしろ、痛みがあることです。
どちらもお肌に穴を開けるということは変わりませんが、薬剤の浸透度合いが違います。
痛みがあるといっても、施術前に表面麻酔を塗布して痛みを押さえることもできますし、針の注入の深さやスピードに関しても調整することが可能です。

3)金属アレルギーがあれば受けられない
金属アレルギーの場合、アレルギーを持っている金属の種類にもよりますが、針に金属を使っているためポテンツァが受けられない場合があります。
また、薬剤アレルギーを起こす可能性もありますので、事前に医師へ申し出て、医師の判断を仰ぐようにしましょう。
4)ヒアルロン酸注射の効果が減る
ヒアルロン酸の注入部位にポテンツァを照射した場合、ヒアルロン酸の効果が減少する可能性があります。

5)アフターケアに注意が必要
当日の洗顔やシャワーは可能ですが、入浴やサウナ、激しい運動は控える必要があります。
また、翌日以降は、紫外線対策や保湿ケアをしっかり行いましょう。

まとめ

ナールス美容医療アカデミーの記事をもとに、ポテンツァの効果やメリット、ダウンタイムや副作用などのデメリットなどをご紹介しました。

また、デメリットや副作用、注意点などについても触れました。

この記事「ポテンツァとは?今大人気の施術」を参考にして、正しい知識を持つとともに、医師との十分な相談のもと、施術を検討しましょう。